高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法
貯金ゼロからはじめる夢の家賃収入
2009年06月07日

今、儲かる物件が市中に出回っている

今、儲かる物件が市中に出回っている



具体的なノウハウをご紹介する前に、これについても述べておかなければならないでしょう。たとえ、資金面の問題や時間の問題がクリアになったからとはいえ、冷静に考えればあなたはこう思われるはずです。

「話は分かる。でも、儲かる不動産物件を手放す人なんているわけがない」

その通りです。通常、利益をもたらしてくれる打ち出の小槌のようなものを手放す人はいません。当然ですよね。

「人が手放したもので、儲ける」

あなたも、ここに大いなる矛盾を感じられるはずです。
でも、その回答こそ「今がチャンス」ということの最大の理由なのです。

私は中古物件について独自の情報網をもっています。(もちろん、あなたにもお教えします)しかし、先日購入した物件はインターネットの中古物件情報に載っていたものでした。

「なぜ、こんないい物件が?」

利回りのいい物件がかなり出回っているということを再確認しました。
「なぜ、そんな儲かる物件が出回っているのか」という理由は、大きくいって3つあります。

1つ目の理由は、こうです。
今出回っているいい物件というのは、バブル期やバブルが崩壊したとはいえ今よりもずっと好景気だった時代に購入されたものです。当時は購入価格が高いだけでなく、銀行からの融資も高金利でした。どん底の不景気である現在、世間相場の家賃ではなかなか利益が出にくいため、手放してしまう人がいるのです。そういった物件を今は低価格、低金利で購入でき、しかも同じ家賃をいただくことができます。当然利益が出るわけです。

2つ目の理由も景況感の悪化にあります。あまり儲からないということを不景気のせいにし、ちょっとしたノウハウを駆使すれば利益が出るのに、何もせず、諦めて手放してしまう人がいるのです。空室が、なかなか埋まらないとします。「ああ、不景気だから」。そんな感じでせっかくの物件を手放してしまうわけです。

そして、3つ目の理由が一番オイシイところです。実は、利益がしっかり出ている物件なのに、売主さんの個人的な理由で手放してしまう場合があるのです。その個人的な理由については、売主さんによって様々ですが、これが小松流物件選定のキモといっても過言ではありません。もちろん、このことについてもしっかりお教えします。

さて、ここでは3つの理由を述べました。いずれにしても「不景気だからできること」には違いありません。むしろ、景気が良くなるほど「儲かる中古物件」を探し当てることは難しくなるでしょう。

「今、儲かる物件が市中に出回っている」という理由は、こういったことにあります。

先ほども「100年に1度の不景気が、100年に1度のチャンス」と言いましたが、まさにその通りなのです。極度の不景気が、いい物件を市中に出し、私のようなものでも手にすることができる時代になのです。
posted by 夢の家賃収入 at 06:45 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽して、おいしいものゲットしよう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。